有料老人ホーム 縁(えん) - 介護サービス手続き

ロゴ.png

HOME > 介護サービス手続き

ホーム.pngホーム.png

有料老人ホーム.png有料老人ホーム.png

デイサービス.pngデイサービス.png

ヘルパーステーション1.pngヘルパーステーション1.png

介護サービスの手続き方法

介護サービスの手続き.jpg

                                                 熊本市 介護保険ガイドより

介護サービスの手続きをするには

1.申請

介護認定申請書を市町村の窓口に提出します。
(介護サービスを利用するためには市町村に申請が必要です)
本人または家族が申請するか、指定居宅介護支援事業者などに代行してもらうことができます。

2.認定調査

申請を受けて市は、認定調査員を派遣し、本人の心身の状態、日常生活の自立度などについて調査します。
全国共通の82項目の調査事項などについて、本人と家族などから聞き取り調査を行います。

(1) コンピュータ判定

公平な判定を行うため、認定調査の結果はコンピュータで処理されます。

(2) 主治医の意見書

市からの申請書の主治医に疾病の状態、特別な医療、認知症や障害の状態について意見を求めます。
(主治医がいない場合は、市が指定した医師の診断を受けます。)

3.介護認定審査会

認定審査(コンピュータ判定)の結果と主治医の意見書などをもとに、保健・医療・福祉の専門家で構成される介護認定審査会で、どのくらいの介護を必要とするか、要介護度を判定します。

4.認定結果の通知

介護認定審査会の判定に基づき、市が認定を行い、申請者本人へ認定結果を通知します。

認定結果に不服があるときは、保健福祉センターへお尋ねください。それでもなお不服があるときは「熊本県介護保険審査会」に申し立てができます。
認定は、状態や要介護度等によって3~ 24ヶ月で更新します。
更新の手続きは認定有効期間の満了日の60日前からできます。

5.居宅サービス計画・介護予防サービス計画の作成

要介護(1~ 5)または要支援(1・2)と認定された方は、どんなサービスをどれくらい利用するかという居宅サービス計画または介護予防サービス計画を作成する必要があります。

居宅サービス計画の作成依頼(要介護1~ 5と認定された方)

    指定居宅介護支援事業所の介護支援専門員(ケアマネージャー)に、介護保険の保険証を添え申し込みます。

介護予防サービス計画の作成依頼(要支援1・2と認定された方)

    地域包括支援センターに介護保険の保険証を添えて申し込みます。地域包括支援センターが介護予防サービス計画の作成を指定居宅介護支援事業所に委託することもあります。

※1居宅サービス計画・介護予防サービス計画の作成は全額が保険給付となり自己負担はありません。
※2施設に入所される方は、その施設内での施設サービス計画を作成します。

6.サービスの利用

介護保険のサービスを利用するときは、居宅サービス計画・介護予防サービス計画・施設サービス計画に基づきサービスを利用します。

要介護1~5と認定された方

    居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービスを利用できます。

要支援1・2と認定された方

    介護予防サービ、地域密着型介護予防サービスを利用できます。

7.地域支援事業(介護予防事業)の利用

今後要支援・要介護状態になる可能性の高い方(特定高齢者)は、地域支援事業の介護予防事業を利用できます。

特定高齢者の把握

    生活機能が低下し介護が必要となるおそれのある方を基本健康診査等を通して早期に把握します。

介護予防ケアプランの作成

    地域包括支援センターにおいて、保健師等が対象者の状態を把握、課題を分析した上で、介護予防ケアプランを作成します。

利用できるサービス(介護予防事業)

    運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上等。

お問い合わせ.png
住所2.png













地図.jpg