有料老人ホーム 縁(えん) - 介護サービス

ロゴ.png

HOME > 介護サービス

ホーム.pngホーム.png

有料老人ホーム.png有料老人ホーム.png

デイサービス.pngデイサービス.png

ヘルパーステーション1.pngヘルパーステーション1.png

介護サービスの利用方法

介護サービスを利用するには

  介護保険制度で介護サービスを利用するためには、要介護(要支援)認定を受けなければなりません。これはどの程度の介護が必要なのか、その度合い(要介護度区分)を判定するものです。

対象

65歳以上の方(第1号被保険者)
 寝たきり、認知症など日常生活に常時介護が必要な状態、または、家事や身支度などの支援が必要な方。
40~64歳の方(第2号被保険者)
 がん末期、脳血管疾患、パーキンソン病など16種類の特定疾病により介護または支援が必要な方。

手続き

介護サービスを受けるための手続きはこちらをご覧ください。

要介護度区分

要支援1 ①居室の掃除や身の回りの世話の一部に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とすることがある。
③排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。

介護予防サービス、地域密着型介護予防サービスを利用できます。
要支援2 ①身だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。
③歩行や両足での立位保持などの動作に何らかの支えを必要とすることがある。④排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。

要介護1 ①~④は、要支援2に同じ。※
⑤問題行動や理解低下がみられることがある。

居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービスを利用できます。
要介護2 ①身だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話の全般に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。
③歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とする。
④排泄や食事に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とすることがある。
⑤問題行動や理解低下がみられることがある。

要介護3 ①身だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話が自分ひとりでできない。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作が自分ひとりでできない。
③歩行や両足での立位保持などの移動の動作が自分ひとりでできないことがある。
④排泄が自分ひとりでできない。
⑤問題行動や理解低下がみられることがある。

要介護4 ①身だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話がほとんどできない。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作がほとんどできない。
③歩行や両足での立位保持などの移動の動作が自分ひとりではできない。
④排泄がほとんどできない。
⑤多くに問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

要介護5 ①身だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話がほとんどできない。
②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作がほとんどできない。
③歩行や両足での立位保持などの移動の動作がほとんどできない。
④排泄や食事がほとんどできない。
⑤多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。




※ 要支援(予防給付対象者)と要介護(介護給付対象者)の違いは・・・

 要支援となるのは、サービスの利用によって心身の状態が改善する可能性が高いと判断されるひとです。具体的には、不活発な生活によって筋力低下や低栄養などに陥っている人(廃用症候群)等が考えられます。ただし、上記のような人でも認知症が進行していたり、疾病が外傷で心身の状態が不安定な人は要介護となります。

お問い合わせ.png
住所2.png













地図.jpg